診療案内 | 陥入爪・巻き爪

ホーム > 診療案内 > 陥入爪・巻き爪

陥入爪・巻き爪

巻き爪はその名の通り、爪が横方向に巻いている状態を指します。陥入爪は爪の角がトゲのように軟部組織(肉)に食い込んで痛みが出た状態です。陥入爪の人は巻き爪になっていることが多く、爪の角を切ると一時的に痛みは消えますが、爪が伸びた時にさらに巻き込み、より重症な巻き爪になります。

なぜ爪が巻いてしまうのか?

巻き爪、陥入爪の原因は足指の変形、歩き方の癖、先の細い靴、深爪、指の傷などです。爪は根元の部分の奥にある組織(爪母)で作られ、指の先端に向かって伸びていきます。しかし爪母には爪の形を決める能力はなく、先の細い靴を履いて爪に圧力が加わったり、指に小さな傷を作ったり、深爪をすると爪の変形が起きてしまいます。例えば深爪をすると爪の先端が軟部組織(皮膚や肉)に刺さるので、爪が伸びにくくなります。一方、爪母では爪が次々に作られ、先端に向かって伸びようとしますが、それが妨げられるために爪が厚くなってしまいます。

ちなみに爪は伸びる間に指の先に力が加わることで平らになっていきますので、痛いからと言って指先に体重をかけないように歩いていると、かえって爪はどんどん巻いてしまいます。また先の細い靴をはくと爪の中で靴と指、指と指とが強く押しあうような状態になります。こうした状況では、隣の指の爪が皮膚にあたって傷つくこともあります。その傷を治そうと指の皮膚が腫れ、だんだん爪が皮膚に食い込んでいきます。

陥入爪の悪循環

多くの患者さんは爪の角が肉に食い込み始めると深爪をするようになります。深爪によって一旦痛みは消失しますが、爪が切り取られた部分の軟部組織は、圧迫がなくなるので更に盛り上がりますので、爪が伸びてきたときにさらに陥入がひどくなります。

陥入がひどくなると爪の角がトゲのように肉に刺さり、傷ができて細菌が感染しやすくなります。こうなると軟部組織に食い込んだ爪のトゲが残り、深爪をしても痛みが消えず、膿が出るようになります。細菌が感染すると歩かなくても痛くなったり、赤くはれてひどい痛みを生じたり、膿がたまったりして、痛みのために歩けなくなることもあります。

さらにひどくなると軟部組織もさらに盛り上がって、過剰な肉芽組織(皮膚の傷を治すために盛り上がってくる粒状の肉)が生じるようになります。

深爪を繰り返しているとだんだん陥入が深くなり、この悪循環から抜け出せなくなってしまいます。

巻き爪・陥入爪の治療、まずは爪を切りすぎないことが一番大事です。

どのくらいの長さが適当か

どのくらいの長さが適当かというと爪の角が指の先端から触れる位です。切る前に指の先端を押してみて下さい。爪の先端の中央は触れても角が触れないように切られている方が多いと思います。押してへこんだ肉の部分よりも長めに爪の角を伸ばしましょう。

巻き爪、陥入爪の治療法は?

軽症

以下の2つの方法で爪の角が指の先端から触れる位まで伸ばして、その後痛みが出なければそれ以上の治療は必要ないと思います。もちろんその後も爪を切りすぎないようにしましょう。

コットンパッキング

コットンパッキング

爪の角とその下の軟部組織の間に綿をつめるだけですが、つめるときに痛みを伴います。軽症の方であれば、慣れれば自分でもできると思います。入浴やシャワーもOKですが、綿が汚れてしまいますので、1~2週間間隔で交換する必要があります。

テーピング

テーピング

爪の横にテーピングテープを貼って陥入を少なくする。自宅でできます。
テープは家にあればそれで結構ですが、少し伸びるタイプのものが良いと思います。当院でも300円(税抜)で販売しております。スタッフにお申し付けください。

中等症以上

上の2つに加え、当院では以下の治療を行っております。

細菌感染に対して

抗生物質投与

化膿している場合には抗生物質を併用します。症状に応じて塗り薬、飲み薬を処方します。

過剰な肉芽組織に対して

液体窒素圧抵、抗生物質含有ステロイド外用

過剰な肉芽組織に対してはそれを縮小させるために液体窒素を当てたり、抗生物質含有ステロイド外用を行いますが、1~2週間隔での通院が必要です。液体窒素を当てる治療は痛みを伴います。

手術

結果的に巻き爪や陥入爪をひどくしてしまう可能性がありますのでお勧めしません。また爪の切除後も別治療が必要になります。当院では手術は行っておりません。

巻き爪矯正(保険適応外)

-爪が十分伸びている場合-

ワイヤによる巻き爪矯正

ワイヤによる巻き爪矯正

爪の先端の部分の両側に小さな穴をあけて、マチワイヤもしくはソルブワイヤという特殊なワイヤを通します。強く曲げても回復力が一定で、折れる事がほとんど無く、曲げた状態でも数カ月以上にわたり強い回復力を発揮します。その力を利用して、徐々に巻き爪を矯正する治療法です。爪のみに穴をあけるので、痛みはありません。手軽にでき、矯正終了直後から痛みが軽減されていきます。治療は5分ほどで終了します。

巻き爪用クリップによる巻き爪矯正

巻き爪用クリップによる巻き爪矯正

爪の先端にクリップのフックを掛けて爪に装着し、テープで固定します。ご自分で着脱ができますが、爪が厚い場合、巻きが強い場合には装着できません。矯正力はマチワイヤより弱いです。爪の先に引っ掛けるだけの簡単な治療で、治療にはほとんど痛みもありません。数ヶ月から1年程度使用していただけることが多いようですが、メーカーのホームページには2ヶ月と書かれています。

巻き爪用クリップによる巻き爪矯正

-爪が十分伸びていない場合-

まずはコットンパッキングやテーピングで十分伸ばしてから嬌正します。伸びるまでに何か問題があるようでしたらご相談ください。

巻き爪矯正料金(税抜)

・初診料 3,000円
・再診料 1,000円
・技術料1指 1,000円
・マチワイヤー 4,000円(2~4指分)
・ソルブワイヤー 3,800円(3~4指分)
・巻き爪用クリップ 5,399円(1個)
・外科用接着剤 (アロンアルファA「三共」) 296円

治療説明書

同意書もPDFの中に入っております。ダウンロードしてお使いください。

形状記憶合金による治療説明書(PDF)

保険診療

自費診療

治療別

保険診療
自費診療
電話でのご予約・お問合わせ
053-468-5577
診療時間
診療終了時刻30分前には来院いただきますようお願いいたします。
時間/曜日
8:30~12:00 - -
15:00~ 18:00 - - -

木・日・祝:休診 土:午前中のみ

診察のご予約は便利な「 インターネット予約」をご利用ください。
スマートフォン・パソコンから、24時間予約が可能です。
※インターネット予約は、再診患者様のみご利用になれます。
※新患の方は直接ご来院ください。

おおしま皮膚科について

おおしま皮膚科は2008年に静岡県浜松市東区宮竹町で開院した皮膚科医院です。これまでの経験を活かし、地域の皆様方のお役に立つよう努力してまいりたいと思います。皮膚についてのどのような小さなトラブルでも、どうぞお気軽にご相談ください。

院長あいさつ・プロフィール

アクセス

静岡県浜松市東区宮竹町92 053-468-5577
駐車場完備(24台)