診療案内 | 紫外線療法

ホーム > 診療案内 > 紫外線療法

紫外線療法

当院では広い範囲の病変の場合はナローバンドUVB療法を行います。全身型ナローバンド照射器で照射しにくい部分やナローバンドUVB療法で疾患の面積が狭い方はエキシマライトでの治療を行います。両者を組み合わせて行うこともあります。同じ日に両者を照射しても同じ料金です。

どちらの治療も副作用は1度に照射される照射量が大きくなると日焼け(赤くなる、後に黒くなる、ひりひりした痛みがでる、痒みがでるなど)が起こる可能性があります。繰り返し治療が行われると皮膚がんができる可能性が高まる可能性がありますので、回数に上限を設けて治療を行っております。

ナローバンドUVB(NB-UVB)療法

従来、乾癬治療のひとつとして確立されていた紫外線療法として、PUVA療法や中波長紫外線(UVB)療法が行われていました。その後、UVBの中で日焼けが起きにくく乾癬に有効な波長の検討がなされ、UVBに含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)のナローバンドUVB(NB-UVB)療法が登場しました。従来のPUVA療法治に比べ副作用が少ないとされております。さらにNB-UVBは手技が簡単、短時間で治療できるなどの簡便性も合わせもち、皮膚科領域で広く普及してきております。当院では全身一度で照射可能なナローバンドUVB照射装置(ドイツWaldmann社製)を導入しております。

現在では保険適応は乾癬、類乾癬、掌蹠膿疱症、菌状息肉腫(症)、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹、尋常性白斑アトピー性皮膚炎です。
保険適応外になりますが、円形脱毛症痒疹にも行っております。  

ターゲット型エキシマライト

同じ照射量でも深達度が違う

ナローバンドUVBが普及すると、長期的にみて、より副作用の少ない治療が望まれるようになりきました。ナローバンドUVBは、一度に全身を照射できるものから、部分的に照射できるものまで様々ですが、健常部位への紫外線暴露を避け、病変部のみを局所照射できるターゲット型の紫外線治療器の必要性が高まりました。エキシマランプを光源とした308±2nmの波長を有するエキシマライトの登場により、ターゲット型紫外線治療器が実現しました。

当院ではターゲット型エキシマライト治療器(アメリカPhotoMedex社製)を導入しております。保険適応は乾癬、類乾癬、掌蹠膿疱症、菌状息肉腫(症)、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹、尋常性白斑アトピー性皮膚炎です。
保険適応外になりますが、円形脱毛症痒疹にも行っております。  

308nmの波長は、311nmの波長に比べ、深達度の差はほとんどなく、日焼けがやや起こりやすいです。

エキシマライトは、ナローバンドUVBに比べ、輝度(光強度)が高く、照射時間が短いのが特長です。光を照らすと、光の先はだんだんと弱くなります。弱い光をいくら照らしても遠くまで届きませんが、強い光なら一瞬であっても遠くまで照らすことができます。輝度が高いため、短い照射時間でも十分な照射量を与えることができるというわけです。

またターゲット型紫外線治療器は、健常部位への紫外線曝露を避け、簡便に病変部のみを照射することができるため、小さい病変や限局した病変への照射に適しています。

 

エキシマライト治療器 光と施術風景

 

電話でのご予約・お問合わせ
053-468-5577
診療時間
診療終了時刻30分前には来院いただきますようお願いいたします。
時間/曜日
8:30~12:00 - -
15:00~ 18:00 - - -

木・日・祝:休診 土:午前中のみ

診察のご予約は便利な「 インターネット予約」をご利用ください。
スマートフォン・パソコンから、24時間予約が可能です。
※インターネット予約は、再診患者様のみご利用になれます。
※新患の方は直接ご来院ください。

おおしま皮膚科について

おおしま皮膚科は2008年に静岡県浜松市東区宮竹町で開院した皮膚科医院です。これまでの経験を活かし、地域の皆様方のお役に立つよう努力してまいりたいと思います。皮膚についてのどのような小さなトラブルでも、どうぞお気軽にご相談ください。

院長あいさつ・プロフィール

アクセス

静岡県浜松市東区宮竹町92 053-468-5577
駐車場完備(24台)