診療案内 | アトピー性皮膚炎

ホーム > 診療案内 > アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

どういう病気か

1. ドライスキン(乾燥肌=バリア機能異常)
2. かゆみを感じる神経の過敏(かゆみを強く感じてしまいやすい)
3. アレルギー炎症(乳幼児:食物、学童成人:ヤケヒョウヒダニとほこりへの反応が多い)

この3つの要素が組み合わさって生じる慢性の皮膚病です。かゆみの強い湿疹病変で、良くなったり、悪化したりしながら慢性に経過します。患者さんの多くはアトピー素因を持っています。

*アトピー素因とは

⑴ 家族歴や既往歴に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などのうちのいずれか複数の疾患があります。
⑵ またIgE抗体を産生し易い体質です。この体質があるかどうかは非特異的IgE抗体を血液検査で調べればわかります。

皮膚のバリア機能の遺伝子に異常があり、このためバリア機能の弱い乾燥した肌になり、皮膚についた異物(アレルゲン)が体内に侵入を容易にしています。異物の侵入が繰り返し起こると患者さんの体内にこれらのアレルゲンに対する特異的IgE抗体を作るようになります。このIgE抗体がアトピー性皮膚炎の慢性化を助長しています。

血液検査で自分の身体の中でどのアレルゲンに対して特異的IgE抗体が作られているのかを調べることができます。また多くの場合アトピー性皮膚炎の重症度を知る検査として末梢血中の好酸球数やTARCも同時に測定させていただきます。

治療のポイント

1. スキンケア(ドライスキン対策)

保湿剤によるこまめなスキンケアが最も重要です。これにより炎症やかゆみの出現を軽減もしくは予防することができます。またアレルゲンの皮膚からの侵入に対してもある程度予防できます。

2. 内服薬・外用薬・紫外線治療(アレルギー炎症とかゆみの治療)

起こってしまっている炎症には外用薬(ステロイド、タクロリムス、非ステロイド)を使用し、速やかに抑えましょう。おさまった後は後述のプロアクティブ療法を行っていくのが、今後主流になると思います。慢性化した炎症(ごわごわした皮膚、硬いしこり)になると治るまでかなりの時間を要しますので、それを予防する意味でも重要です。内服薬は抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬、シクロスポリン、漢方薬が保険適応となっています。薬は症状の程度や部位、これまでの経過などによってもさじ加減が変わってきます。

またナローバンドUVBエキシマライトの治療もかゆみを減らし、皮膚炎を治めるのに効果のある治療です。当院ではステロイド外用剤の使用量を減らしたり、離脱したりするのにも使用しております。プロアクティブ療法における再発予防としても効果的と考えております。当院はナローバンドUVBエキシマライトをいち早く導入し、浜松では両者を導入した最初の施設です。

3.悪化要因の除去

その他に必要な治療として、アレルゲン(アレルギーを起こす物質)の除去、ストレス対策、睡眠改善などが必要になることがあります。

(2004年2月21日に院長が講演したアレルギー週間静岡県患者相談会講演内容から抜粋し加筆)

新しいアトピー性皮膚炎の治療

ステロイド外用薬は適切に使用すれば、優れた効果の得られる薬ですが、アトピー性皮膚炎などの慢性疾患では長期間使用した場合、やはりある程度の副作用は完全に避けることはできません。例えばステロイド外用薬を長期間使用した場合、皮膚が薄くなるといった問題点があります。皮膚が薄くなれば、皮膚は乾燥しデリケートになり、アトピー性皮膚炎が再燃しやすくなる原因ともなっていますし、薬の吸収が良くなるので副作用も出やすくなります。ただしステロイドを使わないとすぐに症状が再燃してしまうアトピー性皮膚炎の患者様も多く、止めたくても止められないという方が多くおられるのも事実です。

そこでアトピー性皮膚炎に対してステロイド外用薬をだらだらと使用する方法からタクロリムス軟膏を使用した治療、プロアクティブ療法に変えていきましょう。

この治療は以下のような方にオススメの治療です。

・アトピーが同じところに繰り返している方
・ステロイドをだらだらと使用する治療法を止めたい方
・あまりステロイドを使いたくないという方
・ステロイドの副作用が出ている方

アトピー性皮膚炎の治療においてステロイド外用薬と保湿剤で治療する方法は今も一般的な治療方法です。しかし何度も繰り返してしまうアトピー性皮膚炎に対してだらだらとステロイドを使用するという治療から一旦ステロイドで皮膚炎を抑えてから、ステロイドの使用量を減らし、なるべくタクロリムス軟膏等に切り替えていく方法が今後、主になっていくと思います。また、プロアクティブ療法が主流になればアトピー性皮膚炎の治療は変わり、ステロイドをだらだらと使用する方法は必要なくなります。

当院ではステロイドを使わない治療を行っているわけではありません。むしろ使うべきときには強力にステロイド外用薬を使い、皮膚炎を抑えてからステロイドを減らして、タクロリムス軟膏やプロアクティブ療法へ切り替えていくことをお勧めしております。皮膚炎を抑えないうちからステロイドを減らせば、皮膚炎は悪くなるのが目に見えています。全くステロイドを使用したくない人には無理な使用はすすめません。ステロイド以外の薬剤や紫外線療法などを提案しております。

1. タクロリムス軟膏

ステロイドを長期使用する事で副作用が出てしまったという方のために作られた薬がタクロリムス軟膏です。皮膚が薄くなる副作用がなく、皮膚からの吸収が悪い薬なので、皮膚の状態が悪いと吸収されるのですが、皮膚の状態が良くなると薬が吸収されにくくなっていきますので、長期使用の問題はほとんどありません。そのため皮膚炎がある程度落ち着けばステロイド外用薬からタクロリムス軟膏に切り替えるのは一つの方法で、すでに欧米ではステロイド外用薬にてある程度、湿疹を抑えられたらタクロリムス軟膏に変更するように推奨されています。

2. ステロイドとタクロリムスの違い

通常、かゆみを感じる神経は皮膚の奥の方(真皮)にありますが、湿疹が繰り返し起こった部分はかゆみを感じる神経が、皮膚の表面の方(表皮)まで伸びてきています。ステロイドはかゆみや皮膚炎を早く抑えますが、このかゆみを感じる神経は元のままですので、ステロイドをやめればちょっとした刺激でかゆみがまた出てしまうということになります。
一方、タクロリムス軟膏はかゆみを感じる神経を元の位置に戻そうとする効果があります。しかしこの効果が出てくるには皮膚炎や痒みを抑えるより時間がかかるため、湿疹がなくなっても数ケ月は塗る必要があります。

しかし、このタクロリムス軟膏も良いことばかりではありません。副作用としてぴりぴりする、ほてり感がある、痒くなって余計に掻いてしまうということもあります。それらの問題を解決するために出てきたのが、プロアクティブ療法です。

3. プロアクティブ療法

一旦よくなった後、再発をできるだけ減らすように考えられた治療法がプロアクティブ療法です。湿疹が良くなっても、すぐにステロイド外用薬やタクロリムス軟膏を止めずに、週に1~3回、湿疹ができやすい部分につけていただく方法です。ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏の副作用は減らせますし、そうする事で湿疹の無い、良い状態を長期間維持する事も可能となります。これからはタクロリムス軟膏への切り替えおよびプロアクティブ療法にてアトピー性皮膚炎に対してステロイド外用薬の使用を減らし、アトピーをコントロールする治療が主流になってくると思います。

タクロリムス軟膏がどうしても使えない人もいらっしゃいますが、そういう方にはナローバンドUVBエキシマライトを使用したプロアクティブ療法も提案していきたいと考えております。

保険診療

自費診療

治療別

保険診療
自費診療
電話でのご予約・お問合わせ
053-468-5577
診療時間
診療終了時刻30分前には来院いただきますようお願いいたします。
時間/曜日
8:30~12:00 - -
15:00~ 18:00 - - -

木・日・祝:休診 土:午前中のみ

診察のご予約は便利な「 インターネット予約」をご利用ください。
スマートフォン・パソコンから、24時間予約が可能です。
※インターネット予約は、再診患者様のみご利用になれます。
※新患の方は直接ご来院ください。

おおしま皮膚科について

おおしま皮膚科は2008年に静岡県浜松市東区宮竹町で開院した皮膚科医院です。これまでの経験を活かし、地域の皆様方のお役に立つよう努力してまいりたいと思います。皮膚についてのどのような小さなトラブルでも、どうぞお気軽にご相談ください。

院長あいさつ・プロフィール

アクセス

静岡県浜松市東区宮竹町92 053-468-5577
駐車場完備(24台)