診療案内 | シミ、くすみについて

ホーム > 診療案内 > シミ、くすみについて

シミ、くすみについて

シミの種類

シミにはいろいろな種類があります。混在していることが多いです。当院はシミに対する全ての治療ができるわけではありません。当院でできる治療が適さないと考える場合には他の治療方法をおすすめします。当院で治療を希望される場合は、当院で可能な治療法をご提案いたします。

1. 老人性色素斑(日光性色素斑)

紫外線によるシミの代表です。顔や手背、腕など、紫外線によくあたる部分にできる茶色いシミで、形は不定形で、大きさもさまざまです。単発のことも多発することもあります。20歳代から発症することもありますが、60歳以上の方には多くの方にある一般的な最も多いシミです。通常は平らですが、時間が経つと隆起してくることもあります。盛り上がってきたものは脂漏性角化症(老人性いぼ)と言います。

2. 雀卵斑(そばかす)

幼少時以降に発症する鼻を中心に左右対称に散らばる茶色の小さなシミです。一つずつのシミは1〜5mm大でほぼ均等に並びます。女性に多く、思春期に目立つようになり、中高年になると目立たなくなることが多いです。日焼け・妊娠により悪化することがあります。遺伝的なものと推察されています。

3. ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

真皮内にメラノサイト(メラニンを作る細胞)が増える疾患で、多くは成人になってから頬や額の両側に現れます。雀卵斑(ソバカス)より少し大きいくらいのグレーから紫がかったアザです。成人になって発現するアザの代表です。

4. 肝斑(かんぱん)

頬や眼の下、額などに左右対称にみられる薄茶色のシミです。30〜60歳代の女性に多くみられ、女性ホルモンによる影響、皮膚の摩擦、肌に合わない化粧品などが原因と考えられています。日焼けや妊娠によって増悪する可能性があります。

5. 炎症後色素沈着

何らかのダメージを受けると炎症を起こし、炎症が強いとその後に色素沈着を残します。ニキビ痕の色素沈着、アトピー性皮膚炎の色素沈着、傷跡の色素沈着、レーザー治療後の色素沈着などがこれにあたります。

6. 顔全体のくすみ

お肌にツヤや透明感がなく、暗く見える状態のことをいいます。乾燥、血行不良、角質のターンオーバーの乱れ、過度の摩擦、化粧品による慢性的刺激など様々な要因があります。

治療について

顔全体のくすみに対してまずは喫煙されている方は禁煙を行い、睡眠、食生活の乱れを整えることが望ましいと考えます。

皮膚の摩擦をさけ、紫外線対策と保湿を行うのは、どのシミに対しても重要と考えております。

当院ではQスイッチつきのレーザーはあいにく所有しておりません。当院での治療は内服薬と自費での外用剤となります。

 

当院でのシミ治療

大きく分けて新しくできるものを予防する方法と今あるシミを薄くする方法があります。

保険診療

ビタミンC、漢方薬などの内服薬です。薬剤によって異なりますが、副作用は全くないわけではありません。

保険外診療

★皮膚の摩擦をさけ、紫外線対策と保湿を行うのは、どのシミに対しても重要と考えております。いずれの治療を行う場合も日焼け止めを塗って、紫外線を防御して頂くことが前提と考えております。

ハイドロキノン(自費診療:ドクターズコスメ)

本邦では30年くらい前から自費診療でよく使われております。現在は化粧品に配合が認められている成分ですが、時にかぶれる方がいらっしゃいます。当院でご紹介しているものはJMEC社製の広範囲に塗って頂くための1.9%クリーム(10g 3,000円、30g 8000円、いずれも税抜価格)とスポットで塗るための4%クリーム(5g 2,000円、税抜価格)です。当院での取り扱いは医療機関専売品です。

電話でのご予約・お問合わせ
053-468-5577
診療時間
診療終了時刻30分前には来院いただきますようお願いいたします。
時間/曜日
8:30~12:00 - -
15:00~ 18:00 - - -

木・日・祝:休診 土:午前中のみ

診察のご予約は便利な「 インターネット予約」をご利用ください。
スマートフォン・パソコンから、24時間予約が可能です。
※インターネット予約は、再診患者様のみご利用になれます。
※新患の方は直接ご来院ください。

おおしま皮膚科について

おおしま皮膚科は2008年に静岡県浜松市東区宮竹町で開院した皮膚科医院です。これまでの経験を活かし、地域の皆様方のお役に立つよう努力してまいりたいと思います。皮膚についてのどのような小さなトラブルでも、どうぞお気軽にご相談ください。

院長あいさつ・プロフィール

アクセス

静岡県浜松市東区宮竹町92 053-468-5577
駐車場完備(24台)