診療案内 | 帯状疱疹(たいじょうほうしん)、帯状疱疹後神経痛

ホーム > 診療案内 > 帯状疱疹(たいじょうほうしん)、帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹(たいじょうほうしん)、帯状疱疹後神経痛

どういう病気か

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹(すいとう・たいじょうほうしん)ウイルスによって起こります。一度、水疱瘡(水ぼうそう)にかかるとほとんどの方は神経の中にウイルスが長く潜伏した状態になっています。そのウイルスが疲れやストレスなどがきっかけで動き出し、今度は神経を伝わって皮膚に出てきて水ぶくれを作ります。それが帯状疱疹です。ほとんどの場合は一本の神経に沿って出ますので、左右のどちらか一方に水ぶくれが集まってできます。おなか周りにひどくなると半分帯を巻いたように出ますので、帯状疱疹という名前が付いていますが、全身どこにでも出ます。50歳代から70歳代に多いですが、何歳の方でもなります。

水ぼうそうにかかったことがある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性がありますが、実際には水ぼうそうになったことがない人でも帯状疱疹になります。胎児期にかかったり、生後ワクチンを接しゅすることでも感染し、水痘・帯状疱疹ウイルスが神経の中に潜んでいることが多いです。また小児期に水ぼうそうにかかると非常に軽く済むことがあるので、水ぼうそうにかかったことに気づいてない方もいらっしゃいます。

症状の経過

皮膚の症状

皮膚には赤い斑点が最初に現れ、1~3日後には赤い斑点の中に小さな水ぶくれが集まって出てきます。水ぶくれはその後、数日かけてかさぶたへと変わっていきます。最終的に赤い斑点が出始めて2~4週間後にはかさぶたが取れて傷痕が残って治ります。5%程度ですが、帯状疱疹が再発する方がいらっしゃいます。

痛みやかゆみなど

赤い斑点があらわれる数日前から1週間ほど前に、痛みや違和感、かゆみなどが出ることがありますが、皮膚の症状が先に出る場合も少なくありません。痛みの程度やどのくらいの期間痛みが続くかは個人差が大きいですが、痛みが最も強く出るのは発症から2週間位までのことが多いです。皮膚症状が治ったあとも、痛みが長く続くことがあります。その痛みは帯状疱疹後神経痛とよばれ、数ヶ月から数年(まれに数十年)後遺症として残ることがあります。若い方は帯状疱疹後神経痛が残ることはまれですが、ご高齢の方はかなりの割合で帯状疱疹後神経痛を発症されます。

合併症

発熱や頭痛がよく見られます。リンパ腺が腫れたりすることもよくあります。顔面の帯状疱疹では、角膜炎、結膜炎などの眼の症状がでることがあります。耳介、眼のまわりに皮疹がでる場合は、ラムゼイ・ハント症侯群といって、耳鳴り、難聴、顔面神経麻痺を起こすことがあります。発症した部位の筋力が弱くなったり、皮膚の知覚異常がおこる場合もあります。腰からお尻の部分では尿や便の出が悪くなったりすることもあります。

治療

治療においてもっとも重要なことは、いかに早期から治療を開始するかです。早期に治療することで、症状を軽くし、合併症や後遺症である帯状疱疹後神経痛を防いだり、軽くすることができます。皮膚症状が出てから5日以内が効果的とされていますが、それを過ぎたら治療できないというわけではありません。

ウイルスに対して

抗ヘルペスウイルス薬を使用します(5~7日間)。患者様の年齢、体重、腎機能を考慮し投与量を決定し治療をします。投与量を決定するために血液検査をさせていただくことがあります。過去の血液検査結果をお持ちいただけると参考になります(できるだけ新しい検査結果の方がよいです)。抗ヘルペスウイルス薬は、効果が現れるまでに2~3日かかります。飲み始めてすぐに効果が現れなくても、指示通り服用してください。

初期の痛みに対して(最初の2~3週間位)

痛みに対しては抗ヘルペスウイルス薬での治療期間中は、アセトアミノフェンを投与します。あまり効果が見られない場合は増量したり、他の非ステロイド系消炎鎮痛薬やトラムセット(トラマドールとアセトアミノフェンの配合剤)などに変更したりします。痛みが我慢できないような場合には遠慮せず、早めに受診して医師に相談しましょう。

帯状疱疹後神経痛に対して(約1ヶ月経過以後)

帯状疱疹後神経痛は症状や程度が患者さんによって違うため、決まった治療法はありません。それぞれの患者さん合った治療法が選択され、組み合わせられます。また、一度や二度の治療ですぐ治ることはまれなため、根気よく治療を続ける必要があります。当院の治療ではリリカ(プレガバリン)の内服が治療の柱となっております。人によって差はありますが、徐々に増やして行かないと副作用が出やすい薬ですので、最初は頻回に通院していただくことになります。その他、湿布や外用鎮痛剤を併用することもあります。 痛みが非常に強い場合はペインクリニックをご紹介させていただくこともあります。

入浴で体が温まり血液の循環がよくなると痛みが和らぎます。他の病気で入浴の制限がなければ、入浴回数を増やしたりするのもよいでしょう。冬には保温し、夏には冷房で冷えすぎないようにしましょう。衣類が擦れたりして痛みが増すことがありますので、サラシや包帯を巻いて衣類をきるなどの工夫をするとよいと思います。ストレスや疲労も痛みが増す原因となることがあります。心身ともにゆっくり休めるとよいです。仕事や趣味などに集中したり、人とお話をしていたりすると痛みを忘れていることが多く、反対に家で一人で閉じこもっていると痛みが気になり、落ち込んだり、不安になり、その結果痛みの悪循環が起こってしまうことがあります。家でも何かに集中したり、積極的に外出してみるのもひとつの方法です。

生活上の注意

できるだけ安静にしましょう

帯状疱疹は疲労やストレスが原因となり、免疫力が低下したときに発症します。また入院される方もおられる病気で、疲れがたまっている時に起こりやすいので、十分な睡眠と栄養をとり、精神的・肉体的な安静を心がけましょう。運動もなるべく控えましょう。

患部を冷やさないようにしましょう

患部が冷えると痛みがひどくなります。患部は冷やさずに、できるだけ温めて血行をよくしましょう。ただし、使い捨てカイロや温シップはやけどやかぶれに注意して使いましょう。水ぶくれが破れていなければ入浴して温まってください。患部も石鹸を泡立てて泡でなでるように洗いましょう。

水ぶくれは破らないように気をつけましょう

水ぶくれが破れると、細菌による感染がおこりやすくなります。破れた場合にはきちんと発疹部をガーゼなどで覆っておくことで、他の人への感染を防ぐことができます。

小さな子供との接触は控えましょう

帯状疱疹は水ぼうそうにかかったことがある人にはうつることはありません。水ぼうそうにかかったことのない乳幼児には水ぼうそうとして、感染することがあります。帯状疱疹の発疹を触った手で他の人を触るとうつる可能性があります。きちんと発疹部をガーゼなどで覆っておく、発疹を触ったらすぐに手を洗うといった工夫をすることで、他の人への感染を防ぐことができます。念のため、タオルも別にした方が良いと考えております。 発疹が乾いてかさぶたになればうつらなくなります。もし帯状疱疹の水疱が、全身に点々と拡がってしまった場合、水ぼうそうと同じ様に空気感染しますので、注意が必要となります。

保険診療

自費診療

治療別

保険診療
自費診療
電話でのご予約・お問合わせ
053-468-5577
診療時間
診療終了時刻30分前には来院いただきますようお願いいたします。
時間/曜日
8:30~12:00 - -
15:00~ 18:00 - - -

木・日・祝:休診 土:午前中のみ

診察のご予約は便利な「 インターネット予約」をご利用ください。
スマートフォン・パソコンから、24時間予約が可能です。
※インターネット予約は、再診患者様のみご利用になれます。
※新患の方は直接ご来院ください。

おおしま皮膚科について

おおしま皮膚科は2008年に静岡県浜松市東区宮竹町で開院した皮膚科医院です。これまでの経験を活かし、地域の皆様方のお役に立つよう努力してまいりたいと思います。皮膚についてのどのような小さなトラブルでも、どうぞお気軽にご相談ください。

院長あいさつ・プロフィール

アクセス

静岡県浜松市東区宮竹町92 053-468-5577
駐車場完備(24台)