診療案内 | 軟性線維腫(アクロコルドン)

ホーム > 診療案内 > 軟性線維腫(アクロコルドン)

軟性線維腫(アクロコルドン)

首や脇など摩擦されるところ皮膚の突起が多数出てくるものですが、これは摩擦や日光照射などによる皮膚老化による皮膚の変化です。30代ころから発症しはじめ、通常は加齢とともに増えていきます。悪性のものではありませんので、治療しなくても構いません。まれに、検査が必要になることがありますが、その特徴的な所見から視診だけで多くの場合は診断ができます。

*治療について

イボの治療

加齢に伴うイボに効能が認められて健康保険が使える薬はありません。しかし、加齢に伴うものですから取ったとしても新たに出てくるのを止められるものではありませんので、一時的に減らしたり、小さくできるとお考えください。いずれの方法も多少の傷痕が残る可能性があり、消えたようにイボがなくなるわけではありません。

どの治療も図1のような形のイボであれば、再発は少ないのですが、図2のようなイボであれば、一度取れてもまた時間がたてば再発することが多いですし、傷痕が残りやすいです。
また、治療したところに炎症が起きますので、炎症後色素沈着といって、イボが治った後に茶色い色が残ったり、逆に色が抜けたりすることがあります。強く反応しすぎればイボの範囲を超えて傷痕が残ることもあります

1. ハサミで切る(保険適応)

図1のようなイボの茎の部分を切ってしまう方法です。茎が1mm位までのものであれば傷痕はほとんどわからない程度です。茎がそれ以上の太さのイボでは局所麻酔の注射や縫合が必要になることもあります。茎が太いイボになれば、傷痕も大きくなります。図2のようなイボはこの治療ができませんので、他の治療法をお勧めします。縫合が必要な手術は当院では行っておりませんので、施行可能な施設をご紹介しております。

2. 液体窒素圧抵(保険適応)

イボに超低温の液体を綿棒で当てる治療です。痛みはあり、カサブタのように黒くなります。また水ぶくれになったりすることがあります。個人によって治療への反応が違い、効果は異なります。1~2週間位の間隔で数回の治療を要することがあります。盛り上がりがなくなっても、傷痕になったり、炎症後色素沈着も起こりやすいので、盛り上がりを減らす治療とお考えください。再発する場合もあります。

3. 手術(保険適応)

局所麻酔の注射後にメスで切ったりや電気を用いて焼き取る方法です。1週間程度ガーゼを当てておく必要があります。傷痕が多少は残ります。

現在、当院ではメスによる切除手術は行っておりません。切除が必要な場合には切除可能な施設をご紹介しております。

当院では電気を用いて焼き取る方法を行っております。火曜日、金曜日の午後2時15分からになります。当院の都合で申し訳ございませんが、月に3~4日しかこの処置ができる日がございませんので、患者様のご希望の日にできない可能性があります。ご了承ください。

3の場合、日程は相談して決めます。インターネットでは予約できません。予約は診察時にスタッフと相談してお決めください。
その時に予約を決められない場合、予約方法をスタッフとご相談ください。

電話でのご予約・お問合わせ
053-468-5577
診療時間
診療終了時刻30分前には来院いただきますようお願いいたします。
時間/曜日
8:30~12:00 - -
15:00~ 18:00 - - -

木・日・祝:休診 土:午前中のみ

診察のご予約は便利な「 インターネット予約」をご利用ください。
スマートフォン・パソコンから、24時間予約が可能です。
※インターネット予約は、再診患者様のみご利用になれます。
※新患の方は直接ご来院ください。

おおしま皮膚科について

おおしま皮膚科は2008年に静岡県浜松市東区宮竹町で開院した皮膚科医院です。これまでの経験を活かし、地域の皆様方のお役に立つよう努力してまいりたいと思います。皮膚についてのどのような小さなトラブルでも、どうぞお気軽にご相談ください。

院長あいさつ・プロフィール

アクセス

静岡県浜松市東区宮竹町92 053-468-5577
駐車場完備(24台)