診療案内 | いぼ(ウイルス性)

ホーム > 診療案内 > いぼ(ウイルス性)

いぼ(ウイルス性)

*「イボ」とはどんな病気?

イボ

イボは、皮膚の表面から盛り上がった小さなできものに対して用いられる名称です。イボの中で最も多いのは、ウイルス感染でできるイボで、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれます。ウイルス性疣贅にもいくつかのタイプがありますが、最も頻繁に見かけるのが表面のざらざらしたイボで、表面がざらざらしたイボで尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と呼ばれるものです。ほかに、皮膚からほとんど盛り上がらない青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)などがあります。手足にできるイボはあまり盛り上がらないので、タコや魚の目と見分けがつきにくいものです。一度専門医にご相談ください。

*「イボ」の原因は?

ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルスが皮膚に感染してできます。小さな傷などからウイルスが入り込んで、皮膚の細胞に感染すると考えられています。感染した細胞がどんどん増えて、皮膚の表面に盛り上がってきたものがイボです。周囲の皮膚にうつりますし、人にも伝染する原因となります。

*「イボ」の治療法は?

ヒト乳頭腫ウイルスを減らす薬はありませんので、ウイルスが感染した皮膚の細胞を壊す治療や免疫力を高める漢方薬などの飲み薬による治療が行われます。治療法には以下のようなものがありますが、イボの治療は数ヶ月から数年程度の長期間かかることが多いです。一つの治療法だけでは治らない場合には、2つ3つと組み合わせて治療を行うこともあります。焦らず根気よく治療することが大切です。
肉眼で取れたように見えても肉眼で確認できない程度の大きさで残っていることが多いです。当院ではルーペを使ってとり残しがないように工夫しておりますが、ルーペでも見えない程度に残っている場合が少数ですがあります。自己判断で治療を中止しないようにしましょう。治療が続けられなくなりそうな場合はご相談ください。

液体窒素圧抵療法 

超低温の液体を綿棒に含ませてイボに当て、皮膚の細胞を凍らせる方法です。有効な治療法ですが、治療に伴う痛みがあります。しかし治療後に煩雑な処置が必要ないため、最も一般的な方法です。多少の痕が残ります。1~2週間おきに通院する必要があります。

外用薬

硬くなった皮膚を薄くする薬を塗ったり、就寝時に貼ったりする治療です。毎日継続して行う事が重要です。

内服薬

ハトムギのエキスなどのイボに効能がある薬や免疫力を高める漢方薬などが使われます。一日の内服薬が減ってしまうと効果が出にくくなりますので忘れないように内服しましょう。長期間内服しても効果が出ない人もいます。

消毒薬塗布

(自費診療:1回目1000円(税抜),2回目以降800円(税抜),診察料が別途かかります)
器材の消毒剤であるステリハイド液が用いられます。痛みもなく有効な治療法ですが、かぶれることがあります。飲んだり吸い込んだりすると危険です。塗布したところは茶色くなりますが、治療をやめれば、着いた色は自然に取れてきます。あまり数が多くなければ、数ヶ月は十分もつ量です。保険適応が無いのですが、液体窒素で何十回も治療されることを考えれば、そんなに高価な治療ではないと思います。

 

治療説明書

同意書もPDFの中に入っております。ダウンロードしてお使いください。

グルタールアルデヒドによるイボ治療説明書(PDF)

保険診療

自費診療

治療別

保険診療
自費診療
電話でのご予約・お問合わせ
053-468-5577
診療時間
診療終了時刻30分前には来院いただきますようお願いいたします。
時間/曜日
8:30~12:00 - -
15:00~ 18:00 - - -

木・日・祝:休診 土:午前中のみ

診察のご予約は便利な「 インターネット予約」をご利用ください。
スマートフォン・パソコンから、24時間予約が可能です。
※インターネット予約は、再診患者様のみご利用になれます。
※新患の方は直接ご来院ください。

おおしま皮膚科について

おおしま皮膚科は2008年に静岡県浜松市東区宮竹町で開院した皮膚科医院です。これまでの経験を活かし、地域の皆様方のお役に立つよう努力してまいりたいと思います。皮膚についてのどのような小さなトラブルでも、どうぞお気軽にご相談ください。

院長あいさつ・プロフィール

アクセス

静岡県浜松市東区宮竹町92 053-468-5577
駐車場完備(24台)