院長ブログ

ホーム > 院長ブログ > 診療について > 皮膚科関連の新薬について
皮膚科関連の新薬について
診療について

皮膚科関連の新薬、この1年で新薬がたくさん出てきました。

昨年9月に爪白癬(爪水虫)の外用薬(クレナフィン)が発売されました。

これまでは内服薬でないと完治は難しかったのですが、外用薬でも完治可能になりました。

昨年10月にはまつ毛の伸びが期待できるグラッシュビスタが出ました。

効果はあるのですが、ちょっと高いのが難点でしょうか。

つけ方も結構難しいです。当院の価格設定は割と安いようです。

浜松市東区では当院ともう1件しか処方していないようですね。

同じころ乾癬の治療薬のドボベット軟膏が出ました。very strong classのステロイドと高濃度ビタミンD3の配合剤です。1日1回で使いやすいし、効果も良いですね。

今年4月と7月にはにきび治療のベピオゲル、デュアック配合ゲルが相次いで発売されました。

にきび治療に関してはこれでやっと世界の標準レベルに追い付いたというところでしょうか。

今年10月以降にも新薬がでるという話もちらほら聞きます。

治療の選択肢が増えることはたいへん望ましいですね。

電話でのご予約・お問合わせ
053-468-5577
診療時間
診療終了時刻30分前には来院いただきますようお願いいたします。
時間/曜日
8:30~12:00 - -
15:00~ 18:00 - - -

木・日・祝:休診 土:午前中のみ

診察のご予約は便利な「 インターネット予約」をご利用ください。
スマートフォン・パソコンから、24時間予約が可能です。
※インターネット予約は、再診患者様のみご利用になれます。
※新患の方は直接ご来院ください。

おおしま皮膚科について

おおしま皮膚科は2008年に静岡県浜松市東区宮竹町で開院した皮膚科医院です。これまでの経験を活かし、地域の皆様方のお役に立つよう努力してまいりたいと思います。皮膚についてのどのような小さなトラブルでも、どうぞお気軽にご相談ください。

院長あいさつ・プロフィール

アクセス

静岡県浜松市東区宮竹町92 053-468-5577
駐車場完備(24台)